早漏症に適応する薬のプリリジーの値段の相場はどれくらい?

2020年03月10日
薬を持っている様子

プリリジーはイタリアの製薬会社が開発した早漏防止薬のことを言い、選択制セロトニンの再取り込みを阻害する薬です。阻害することにより早漏の解決や早漏を原因とする不安感やストレスを緩和する効果もあり、早漏だけではなくうつ病お治療薬としても処方され脳内のセロトニンを増やすことで体がリラックスし、うつ状態を回復させることも可能でしょう。

プリリジーはまだ日本では未認可の薬の為日本の病院では処方することはできません。そのため、入手方法としては海外のサイトを利用し個人輸入で入手する方法があります。抗うつ剤として有名なレクサプロですが、抗うつとしての効果はありますが早漏治療の薬ではなく効果を発揮しません。間違えて自己判断で飲んでしまう人もいますが、医師に処方をお願いしても早漏対策では処方できません。

プリリジーの値段は海外の輸入サイトによっても価格が変動します。6錠入っているもので値段が13,000円以上と日本で売られている薬の中では高額になってしまします。日本で処方される薬は医師の診察が必要で、実際に医師が診察し患者さんの体調に合わせて薬を処方するため保険が適用されます。一方で個人輸入の薬は保険が適用されません。そのため、薬の代金が通常医師の診察を受けると1割から3割負担で購入できますが全額負担なので薬の価格が高額になります。1錠当たりの価格も30mgで2,300~3,000円、60mgの場合は1錠当たりの単価が3,300~4,500円です。

例えば週に1~2回性交渉をすると仮定した場合薬は6~8錠は必要になります。60mgで計算すると3万円前後の金額になり30mgの方が単純に価格を見ると安価ですが、60mgの方が単価が安くなるため30mgと60mgのどちらがお得かというと60mgのほうが経済的にも安くなるでしょう。ピルカッターという薬を半分にカットする道具を使用すれば、1錠を半分にすることができるため、同じ30mgを購入した場合と比較しても金額も量もお得になります。
但し、最初から60mgと高配合なものを飲んでも体に合わず薬を捨てることになった場合、残りの薬のお金がもったいないため、最初は30mgと弱い方から試すことを海外の医師も進めています。30mgを飲んで効果が緩やかな場合、もしくは効かない場合は60mgの方へステップアップしましょう。海外のサイトでは割引セールを行っていることも多く、このセールを上手く活用すればお得に薬を入手可能です。但し偽物を販売しているサイトもある為サイトの口コミを必ず確認してから購入してください。